LOY

BLOG→ http://d.hatena.ne.jp/fco2/ 
Twitter→ @labenf_ 

クローゼット

段ボールいっぱいに詰め込まれた本たちが、クローゼットの奥に眠っていた。少し埃をかぶったそれは、静かに静かにそこにあった。
中に入っているものは沢山の文庫本、文学の専門書、卒業文集、後輩からの寄せ書きの色紙……さまざまなものがぎゅうぎゅうに押し込まれ、埃っぽい空気の中で呼吸を繰り返していた。
それは持ち主の細々とした歴史で、また脳みそでもあった。預かり主の男はそれを開け、ときどきその中の本を選んで読むこともあった。そこで二人は脳みそを共有していたのだ。
特に持ち主が研究していた作家の著作を、預かり主の男は読んでいたようだ。持ち主が男の誕生日に贈った本も、しっかりと読んであった。それは読書リストからうかがい知ることができた。
もう二人を繋ぐものは何もなくなってしまったのだが、唯一あるとすれば、それはその段ボールである。特に書物を愛した持ち主にとってはかけがえのない財産だった。そのことは男も承知である。持ち主も、何度か催促はしたものの、今だ帰ってこないため、もう半ば諦めた様子で、そして最後の糸を断ちたくないという思いで、しんと黙ったままである。
広いクローゼットの奥の脳みそは、今日も男の家で眠っている。いつ持ち主の元に帰るのかも知らないで、帰りたくないという思いを抱いて。

— 1週間前
"

本当に出会った者に別れはこない

あなたはまだそこにいる

目をみはり私をみつめ くり返し私に語りかける

あなたとの思い出が私を生かす

早すぎたあなたの死すら私を生かす

初めてあなたを見た日からこんなに時が過ぎた今も

"
— 3週間前・リアクション927件
"なんとなく好きで、その時は好きだとも言わなかった人のほうが
いつまでもなつかしいのね"

川端康成

(via amegumi)

(via fffff9, tily) (via heart-of-sky) (via tsunatapo)
— 3ヶ月前・リアクション2788件
"昨夜息子がママ嫌いと泣くので「明日から新しいママと交代だ」と言ったら「古いママがいいー」と号泣。「でも新しいママ水着のお姉さんかもよ…」とささやいたところ泣き止んで「おりぼんしてる?」「爪キラキラしてる?」と具体的に検討を始められた。リストラされる日も近い"
Twitter / katie_tommy (via tiga) (via petapeta) (via gkojay) (via hepton-rk) (via tckwsgo) (via xlheads) (via highlandvalley) (via bigyawn) (via tsunatapo)
— 3ヶ月前・リアクション1544件
"最悪なのは、子どもは皆キラキラした才能を持っているという何の根拠もない予断の下に、全ての子は個性を発揮して輝くべきだといった愚にもつかない思い込みを子どもに押しつけることだ。ほとんどの子は人並みの才能しか(すなわち何の才能も)持っていない。(池田清彦)"
— 3ヶ月前・リアクション23件